東京喰種;re第102話の見どころ

連載100回を華々しく迎えた東京喰種も物語がだんだん動いてきました。

今回は102話、ピエロのニコが黒山羊のアジトにすらっと登場したところから始まっています。

気になるのはニコの狙いですが、アジトに来た理由はロマのSOSを受け取ったからでしょうけれども目的はロマの救出ではないようです。

金木に媚びを売るためのような発言をしていますが、ニコが金木に媚びを売ったところで何のメリットがあるのでしょうか。

一部では、隻眼の王金木とCCGのトップになり得る旧多、そしてピエロの王なんじゃないかと噂されている金木の親友であるヒデの三つ巴合戦が開催されるのではなんていう予想もされていますが、もしそうだとしたらニコはピエロなので金木と組むのはおかしな話です。

しかし今回の見どころはニコだけではなく、久しぶりに見れた金木の戦闘シーンではないでしょうか。

有馬と闘っていたのであまり久しぶりでもないですし相手はナキなので本気で相手しているようにも思えないのが少し残念です。

しかし金木は強いです。

そしてヤモリの事を「力の象徴」と言っているところも、何だか感慨深いものがあります。

物語は、ニコの手引きによって大環アクトという組織に会いにいったところで出てきた、かつてテレビでお馴染みであった小倉さんが登場したところで終わっています。

今後の展開にまさか小倉さんが絡んでくるのは少々意外でしたが、きっと予想も付かない面白い展開が待っているのだと思います。

エロ面白い作品と言えば、鳩こんろ 落ちてきた女の子が俺の息子に先っぽにハマる大人漫画。

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでしたって今大人コミックランキングで上位をずっとキープしてますが、読んでみると納得のエロさと面白さです。

美女二人と代わる代わるエロい関係になる所もよいですが、ヒロイン二人の性格が対照的で魅力的だと思います。

一体、主人公はどっちとくっつくのかすごく先が気になります。

コメントは受け付けていません。